Top Page › ■そら整体院のつぶやき › わたしの体験談 › わたしの「腰痛との戦い」(その2)
2014-11-25 (Tue) 17:40

わたしの「腰痛との戦い」(その2)

千葉県柏市 そら整体院です


間が空いてしまいましたが今日は久しぶりに「腰痛との戦い」を書かせていただきますね

※「腰痛との戦い」の過去記事は

 わたしの「腰痛との戦い」(その1)

 からご覧ください




腰の爆弾が爆発したのはデスクワークの仕事からリラクゼーションサロンでの立ち仕事へ転職してからでした

転職後、日に日に腰は痛くなる一方でした


ちょっと話が飛びますが-

そのリラクゼーションサロンには、お身体をへの視点が、ちょっと変わった女性がいました

みんなが口をそろえて

「肩こりの人は、肩の○○の筋肉をほぐす」

と言うのに、その女性は

「肩の筋肉をゆるめたいなら肩の筋肉を直接ほぐすのではなく、肩ではない○○をほぐす」

「そうすれば力をかけなくても肩の筋肉がゆるむ」

と言うのです


最初にこの話を聞いた時は意味が分かりませんでした

正直、疑問にも思いました

ですが個人的にはとても興味深い内容だったので仕事後に実際に体験させてもらうことにしました


すると肩の筋肉を直接ほぐした時とは違うゆるみ方をするばかりか楽にゆるみました

とても印象的、かつ衝撃的な出来事でした


その日以降、彼女は幾度となく「練習」につき合ってくれました

練習中に

「腰が痛い」

と言うわたしに彼女は「お尻と「もも」の筋肉」をゆるめてくれました


彼女いわく

「これらは腰に関係しているから」

とのことでした


そして、この彼女が必ずわたしに言う言葉がありました

「いっつも、お尻と「もも」が張っているね」

「確かに歩き方がおかしいもんね」

「その歩き方じゃ、お尻も「もも」も張るよ(笑)」


『確かに、お尻と「もも」の筋肉をゆるめてもらうと腰は楽になるけど…歩き方って?』

今なら彼女の言っていた意味が分かります

ですが、その当時はまったく分かりませんでした


そんな中、ある日、ふと思い立って、寝る時に腰の下へクッションを入れてみたら腰が楽になりました

なので、その日以降は腰の下へクッションを入れて寝るようにしました


そんな生活を繰り返していた暁に、わたしの「腰の爆弾」は爆発しました

そしてドクターストップがかかり、お客様へ施術ができなくなったわたしは、リラクゼーションサロンを退職することになりました


わたしの「腰痛との戦い」(その3) へ続きます


ひどい腰痛でお悩みのあなたは、ご予約ください


メールでのご予約はこちら (24時間受付)

■ お電話でのご予約・お問い合わせ
080-8070-3078

■ 受付時間
10:00 ~ 19:00
(定休日:水曜日、他不定休あり 完全予約制)

■ 最寄駅
JR常磐線 南柏駅 東口から徒歩8分

■ 住所
千葉県柏市今谷上町
※自宅サロンのため、番地などの詳細は、ご予約時にお伝えしています。

■施術可能な症状一覧

■「お客様の声」

メールでのお問い合わせはこちら (24時間受付)

ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。
関連記事
2021-10-04

Comments







非公開コメント