Top Page › ■そら整体院のつぶやき › わたしの体験談 › わたしの「腰痛との戦い」(その7)
2014-12-02 (Tue) 22:22

わたしの「腰痛との戦い」(その7)

千葉県柏市 そら整体院です

今日は「腰痛との戦い」の続きを書いてきますね

※「腰痛との戦い」を読まれていない方は

 わたしの「腰痛との戦い」(その1)

 わたしの「腰痛との戦い」(その2)

 わたしの「腰痛との戦い」(その3)

 わたしの「腰痛との戦い」(その4)

 わたしの「腰痛との戦い」(その5)

 わたしの「腰痛との戦い」(その6)

  からご覧ください




先生の口から出てきた単語は

「あなたの腰は「前弯(ぜんわん)」しているね」

でした


初めて聞いた「前弯」の意味を知らなかったわたしは、帰宅後さっそく調べました


「前弯」を文字でざっくり説明すると-

・腰の骨が必要以上におなか側へカーブした状態

 腰の骨が必要以上におなか側へカーブすることによって-

 ・腰の骨と骨の間が必要以上に狭くなり圧迫される

 ・骨盤が必要以上におなか側へ傾く

 ・腰まわりや背中の筋肉、さらには腰の下にあるお尻と「もも」にも負担がかかる

 ・結果、痛みなどが発生する

といった感じになるのですが、前弯は 「反り腰」 とも呼ばれているので、反り腰の方がなじみがある言葉かもしれません


ちなみに-

・左は正常な腰の骨の状態

・右が前弯・反り腰の骨の状態

になります↓

腰の骨

(わたしの腰は上画像でいう「右」の状態でした)


リラクゼーションサロン勤務時代に

「お尻と「もも」をゆるめると腰が楽になる」

と言われた意味

そして腰の下にクッションを入れると楽になった意味

これが

「必要以上に、おなか側へいってしまった腰を支えてくれていたから」

だということが明確に分かった瞬間でした


今思えば、わたしの幼少期の頃の写真の多くは腰のカーブが他の子達より大きく、お尻が蜂のようにプリっと出ていました

成人してからも変わらないこの体型を、わたしは単に

『わたしは幼児体型だから』

と思っていました

ですが実は、幼少期からすでに腰痛を引き起こしやすい骨格をしていて、そのまま成長してしまっていたということでした


いくつかの疑問が解決されたと同時に、また新たな疑問が湧きました


わたしの「腰痛との戦い」(その8) へ続きます


ひどい腰痛でお悩みのあなたは、ご予約ください


メールでのご予約はこちら (24時間受付)

■ お電話でのご予約・お問い合わせ
080-8070-3078

■ 受付時間
10:00 ~ 19:00
(定休日:水曜日、他不定休あり 完全予約制)

■ 最寄駅
JR常磐線 南柏駅 東口から徒歩8分

■ 住所
千葉県柏市今谷上町
※自宅サロンのため、番地などの詳細は、ご予約時にお伝えしています。

■施術可能な症状一覧

■「お客様の声」

メールでのお問い合わせはこちら (24時間受付)

ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。


メールでのご予約はこちら (24時間受付)

■ お電話でのご予約・お問い合わせ
080-8070-3078

■ 受付時間
10:00 ~ 19:00
(定休日:水曜日、他不定休あり 完全予約制)

■ 最寄駅
JR常磐線 南柏駅 東口から徒歩8分

■ 住所
千葉県柏市今谷上町
※自宅サロンのため、番地などの詳細は、ご予約時にお伝えしています。

■施術可能な症状一覧

■「お客様の声」

メールでのお問い合わせはこちら (24時間受付)

ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。
関連記事
2021-10-04

Comments







非公開コメント