Top Page › ■「お客様の声」と「施術の感想記事」一覧 › もも痛 › 「病院で「外側大腿皮神経痛」と診断されたももの痛みがなくなりました」
2018-07-03 (Tue) 21:14

「病院で「外側大腿皮神経痛」と診断されたももの痛みがなくなりました」

千葉県柏市 そら整体院です。


先日

「ももの外側が痛いんです。」

と、ご来院くださったお客様がいらっしゃいました。


くわしくおうかがいすると

「最近はなかったけど、だいぶ昔に、この痛みが出たことがありました。」

と、お話しくださいました。


■ どうして、ももが痛くなるの? ■


もも(ももの外側、前もも、もものうしろ)の痛みの原因は骨盤のゆがみにあります。


お身体を調べてみると骨盤にゆがみがありました。


が、しかし!


骨盤のゆがみと、いつものように立ってから全身のバランスが崩れないよう、頭をはじめとする全身の歪みを整えただけでは、またしばらくすると痛みが出てきてしまったり…という状態が続いてしまいました…。


なにか大きな病気だったりしたら大変なので病院での検査を勧めたところ

「病院でみてもらったら「外側大腿皮神経痛(がいそくだいたいひしんけいつう)」と診断されました。」

とのことでした。


『骨盤以外でも思いつく限りの手は尽くしたのに何を見落としているんだろう…(-公-)?』

『でも、どうにかして、ももの外側の痛みを改善してあげたい!』

ということで、教えを請うている先生に質問をしてみました。


■ 先生!ももの外側の痛みが良くならないんです(涙) ■


先生は骨盤以外にある6点のポイントを教えてくださいました。

その中で、わたしが見落としていたのは「すねまわりのずれ」でした。


お身体を調べてみると「すね」まわりに本当にわずかな「ずれ」がありました。


『そっかぁ、これは見落としていたわ…。』

と思いながら「すね」まわりを撫でたところ施術後

「施術の途中から、ももの力が抜けてきて楽になりました。」

と、お話しくださいました。


これだけだと立ってから全身のバランスが崩れて、お話しくださっていた状態に戻ってしまう可能性があります。

そこで、立ってから全身のバランスが崩れないよう、頭をはじめとする全身の歪みを整えて施術を終了しました。


この日の施術後は

「まだ少し痛いですけど、施術前よりは痛くないです。」

と、お話しくださったので

「少し様子を見てくださいね。」

と、お伝えして、お帰りいただきました。


ですが、後日ご来院くださった時に

「あれから嘘のように、ももの外側が痛くならないんです。」

「その後も、問題ありません(^^)」


と、笑顔でお話しくださいました。


ももの外側の痛みが改善されて本当によかったです(*^^*)


ももが痛くなる要因は骨盤や「すね」以外にもたくさんあります。

「ももの外側が痛いんです。」というあなたは、ご予約ください。


メールでのご予約はこちら (24時間受付)

■ お電話でのご予約・お問い合わせ
080-8070-3078

■ 受付時間
10:00 ~ 19:00
(定休日:水曜日、他不定休あり 完全予約制)

■ 最寄駅
JR常磐線 南柏駅 東口から徒歩8分

■ 住所
千葉県柏市今谷上町
※自宅サロンのため、番地などの詳細は、ご予約時にお伝えしています。

施術可能な症状一覧

「お客様の声」

メールでのお問い合わせはこちら (24時間受付)

ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。
関連記事
2021-08-29

Comments







非公開コメント