Top Page › ■そら整体院のつぶやき › わたしの体験談 › わたしの「腰痛との戦い」(その1)
2014-10-13 (Mon) 22:57

わたしの「腰痛との戦い」(その1)

千葉県柏市 そら整体院です


今日は「そら整体院の「これができます」」はちょっとお休みして そら整体院ではお身体の土台となる「足」を整えます でちょこっと触れた「わたしの腰痛」のことを書いていきます

なお「わたしの「腰痛との戦い」」は回数を分けて更新の予定です




ありがたいことに小さい頃から大病を患うことなく生活をすることができています

ですが、この記事を書くにあたり「腰痛の記憶」をさかのぼってみました

すると10代の頃からちょくちょく腰が痛くなっていたことがありました


一番古い記憶は中学生の頃

当時、運動部に所属していたわたしは、たまに部活の顧問の先生に

「先生ぇー、腰が痛ーい!!」

と言って腰を押してもらったり骨をバキボキ鳴らしてもらったりしていました


当時は

・まだ若かった

・運動で体を動かしていた

・筋肉もしっかりついていた

こともあり劇的に腰が痛くなることはありませんでした


時は流れて社会人になり、わたしは「まったく」運動をしなくなりました

今までついていた筋肉は、どんどん減っていきました

その頃から、最初は背中全体の「だるさ」から始まり、次第に腰が痛くなることが多くなりました


そして腰の痛みを軽減すべくカイロプラクティックに通いはじめました

そのカイロプラクティックには長く長くお世話になりましたが事情があり通うことができなくなりました


カイロプラクティックへ通うことができなくなって以降、しばらくは腰を「だましだまし」生活していました

ですが痛みは日増しに強くなる一方でした


そんなある日、その日は突然来ました

『腰が痛くて歩けない…』

この時の痛みは通常の腰痛プラス「歩いた時の振動・衝撃が腰に伝わって響くように痛い」ものでした


歩くのが苦痛に感じる前は立っていることすらも苦痛でしたが、立ち上がれなくなるほどではありませんでした

なので、その日は時間をかけて腰に痛みが響かないように「そーっと」すり足で帰宅したことを今でも覚えています


腰の爆弾が爆発して以降は日常生活にも支障をきたすようになりました

ですが、はじめは

『しばらくすれば治る』

『痛みは治まる』

『しばらく様子を見てだめだったとしても病院へ行けば治る』

と信じて疑っていなかったので同時に病院へも通いはじめました


が-


・病院へ行ってレントゲンを撮っても「何ともありませんよ」「異常はありません」と言われました

・治療室で腰を温めてもらったり、揉んでもらったり、レーザー治療を受けたりしても、痛みが軽減されることはありませんでした

・処方された飲み薬を飲んでも、湿布を貼っても、痛いものは痛い状態でした


通っていた病院に不信感が募り、セカンドオピニオンで違う病院へも行きました

ですが行った病院でも結果は同じでした


『どうして病院へ行っても治らないの?』

『通院期間は長引く一方なのに一向に腰の痛みが軽減されないの?』

次第に行ってもよくならない病院から足が遠のきました


そしてとうとう腰が痛くなければ30分もかからず歩ける距離を2時間近くかけて歩くくらいのスピードでしか歩けなくなりました


今なら、この理由が分かります

それは

・「腰」に痛みの原因がなかった

・「腰」しか診ていなかった


からです


わたしの「腰痛との戦い」(その2) へ続きます


ひどい腰痛でお悩みのあなたは、ご予約ください


メールでのご予約はこちら (24時間受付)

■ お電話でのご予約・お問い合わせ
080-8070-3078

■ 受付時間
10:00 ~ 19:00
(定休日:水曜日、他不定休あり 完全予約制)

■ 最寄駅
JR常磐線 南柏駅 東口から徒歩8分

■ 住所
千葉県柏市今谷上町
※自宅サロンのため、番地などの詳細は、ご予約時にお伝えしています。

■施術可能な症状一覧

■「お客様の声」

メールでのお問い合わせはこちら (24時間受付)

ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。
関連記事
2021-10-04

Comments







非公開コメント