FC2ブログ
Top Page › ■そら整体院がとらえている骨格と内臓の関連性 › 骨格と内臓の関連性-風邪 編-

2015 · 06 · 01 (Mon) 22:35

骨格と内臓の関連性-風邪 編-

千葉県柏市「そら整体院」の とも です




以下は、そら整体院が施術で使っている整体での「骨格と内臓の関連性-風邪 編-」になります


いろんな意見・考え方があるとは思いますが

『こういう関連性もあるのね』

『だからわたしの風邪はつらいんだー』

という目で見ていただけますと幸いです




また以下の点をご了承願います


1.お身体の
 ・ドコが、どういう風に、どのくらいおかしいくなるのか?
 ・施術方法
 は記載していません
 ※理由は コチラ の記事の下の方をご覧ください


2.各部位の名称はインターネット上に沢山書かれているので、そちらを参考にしてください


3.同業者の方の参考になれば幸いなのですが、実際に施術で使った際に起きたトラブルへの責任は一切負いかねます


4.この記事の内容に関する返信はおこなっておりません


5.このページは随時更新しています
 更新の"おしらせ"はしていません






・風邪を引いている時は頸椎が崩れやすい

・発熱は頸椎1番と関係アリ

・風邪を引いてノドがいがらっぽい、飲み込みがおかしいのは頸椎7番が悪い

・風邪を引きやすい、咳をしやすい、ノドが痛い人はいつも頸椎5・6・7番と肩甲骨上部が悪い

・胸椎1番~4番のバランスをよくすると風邪を引きにくくなる

・胸椎2・3番は咳と関係アリ

・頸椎・胸椎のバランスがよくて背中がほぐれていたら風邪を引かない

・三角筋がよくない(硬くなる・硬結になるナド)と風邪を引く、咳が出る

・鎖骨が悪い人は風邪を引きやすい、ノドにクる、気管支が悪い

・風邪、咳はまず肋骨にクる

・肋骨上部の高さに差があると熱が出る、気管支の調子が悪い

・肩と肋骨3番は風邪、鼻、気管支、咳に関係アリ

・肩甲骨がよいと風邪を引かない

・手首が悪いと肺・免疫疾患関係がおかしい
 年中風邪を引く・風邪を引くとナカナカ治らない人は手首が悪い

・風邪を引いている人、ノドがしょっちゅう悪い人は親指がしょっちゅうねじれている

・人差し指末節骨がまっすぐだと風邪を引いてもあまり咳をしない

・カカトが悪い人は風邪を引きやすい、扁桃腺、ノドの圧迫・弱さ、咳が絡んでくる






骨格も内臓も整えていきたいあなたからのご予約を、お待ちしております(^^)


メールでのご予約はコチラ
(24時間受付)



お電話でのご予約・お問い合わせ
080-8070-3078

受付時間10:00 ~ 19:00
(定休日:水曜日、他不定休あり 完全予約制)


■そら整体院のメニュー

■施術可能な症状一覧

■「お客様の声」


メールでのお問い合わせはコチラ
(24時間受付)


ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。

Comments







非公開コメント