FC2ブログ
Top Page › ■そら整体院がとらえている骨格と内臓の関連性 › 骨格と内臓の関連性-腎臓(じんぞう) 編-

2015 · 05 · 16 (Sat) 20:39

骨格と内臓の関連性-腎臓(じんぞう) 編-

千葉県柏市「そら整体院」の とも です




以下は、そら整体院が施術で使っている整体での「骨格と内臓の関連性-腎臓(じんぞう) 編-」になります


いろんな意見・考え方があるとは思いますが

『こういう関連性もあるのね』

『だからわたしは腎臓(じんぞう)がつらいんだー』

という目で見ていただけますと幸いです




また以下の点をご了承願います


1.お身体の
 ・ドコが、どういう風に、どのくらいおかしいくなるのか?
 ・施術方法
 は記載していません
 ※理由は コチラ の記事の下の方をご覧ください


2.各部位の名称はインターネット上に沢山書かれているので、そちらを参考にしてください


3.同業者の方の参考になれば幸いなのですが、実際に施術で使った際に起きたトラブルへの責任は一切負いかねます


4.この記事の内容に関する返信はおこなっておりません


5.このページは随時更新しています
 更新の"おしらせ"はしていません






・腎臓の悪さは頭頂骨にも現れる

・頸椎3番・4番・5番は腎臓に該当

・上部頸椎が前方へいく(※)と腎臓に圧迫が入る
 ※うつ伏せで本を読んでいる、前のめりでPCを操作しているナドの姿勢

・腎臓にトラブルがある人は肩甲骨のバランスが悪くなる

・腰が悪い人は腎臓が弱い

・腰が柔軟だと腎臓によい

・腰椎1番・2番が悪いと腎臓が弱い

・中殿筋・腸骨筋が強い人は腎臓が丈夫だから健康
 中殿筋・腸骨筋が弱い人は腎臓のチカラが抜けちゃうからいつまで経っても健康になれない

・上腕二頭筋の硬さは腎臓からきている

・中指は腎臓に該当

・小指が温かくなると腎臓に活力が出てくる

・有鈎骨は腎臓に該当

・大腿部下部外側を3分割した上は腎臓に該当

・アキレス腱は腎臓に該当
 歩いたあと、立ち仕事後に腓腹筋が膨らむのは腎臓が疲れているため

・カカト・外果(くるぶし)まわりは腎臓に該当

・カカトがシッカリしていると腎臓もシッカリしている

・拇趾にチカラが入ると腎臓の調子もよい

・腎臓と心臓は関係アリ
 身体が温まると腎臓も温まる・丈夫になる
 結果心臓も元気になる

・腎臓が弱っている人は肝臓も弱っている、腰の骨・筋肉も調子が悪い

・腸が弱いと腎臓にもクる

・腎臓がシッカリしていると骨が強い

・腎臓が悪い人は水を飲みすぎると体調が狂う

・多汗症の人は腎臓が弱い

・腎臓の調子がよいと身体がリラックスしてくる

・腎臓が弱い人は1日1時間は日光の下を歩いて鍛えないとダメ
 施術だけで腎臓は強くならない






骨格も内臓も整えていきたいあなたからのご予約を、お待ちしております(^^)


メールでのご予約はコチラ
(24時間受付)



お電話でのご予約・お問い合わせ
080-8070-3078

受付時間10:00 ~ 19:00
(定休日:水曜日、他不定休あり 完全予約制)


■そら整体院のメニュー

■施術可能な症状一覧

■「お客様の声」


メールでのお問い合わせはコチラ
(24時間受付)


ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。

Comments







非公開コメント