Top Page › ■そら整体院のつぶやき › お身体のこと › そら整体院が言う「腕・手首のゆがみとくせ」とは?
2015-03-10 (Tue) 23:07

そら整体院が言う「腕・手首のゆがみとくせ」とは?

千葉県柏市 そら整体院です


そら整体院のブログには、よく「くせ」「ゆがみ」という言葉が出てきますが

「「くせ」「ゆがみ」って一体どんな状態のことを言っているの?」

という方もいらっしゃると思います


そこで今回は 「そら整体院の「これができます」」 で登場回数が多い「肘から手首の間の腕」で、ゆがんた状態を説明していきます


が、その前に-


ざっくりと「腕」の説明をさせていただきますね


「腕」には30個の骨があり正式名称は「上肢(じょうし)」と言います

今回お伝えする「肘から手首の間の腕」の正式名称は「前腕(ぜんわん)」と言います

また前腕には2本の骨があって

・親指側にある骨(正式名称は「橈骨(とうこつ)」と言います)

・小指側にある骨(正式名称は「尺骨(しゃくこつ)」と言います)

があります

上肢


まずは前腕がまっすぐな状態です↓

前腕正常

前腕(橈骨、尺骨)から手首がまっすぐです

これが、ゆがみのない状態です


ちなみに前腕と手首のゆがみが少ない方は大抵健康ですが前腕を上画像のようなまっすぐな状態で使っている方はいません

むしろ、まっすぐ使うのは不可能です

なぜなら腕を動かした時に筋肉や関節などによって骨が動くからです

この動いて元の位置に戻っていないことを「ゆがみ」と言います


また、ちょっと話が逸れますが、普段お身体を動かす時の多くは「無意識」でやっています

たとえば「文字を書く時」

いちいち

「これから字を書くから、まずは指をこう曲げてペンを持って、書き順はこうだからペンをこう動かして…」

と考えながらはやっていないと思います

これが脳についている「くせ」です


で、いよいよ本題です

以下に腕の代表的な「ゆがみ」と「くせ」をご紹介していきます


まずは腕を使っているうちにつく「前腕がゆがんだ状態」です↓

前腕ゆがみ

尺骨と橈骨が「ぞうきん」のようにねじれています


次に前腕でも手首側のこちら↓

尺屈

小指側が「くの字」に曲がっています

道具を使って作業をする方に多い状態です

包丁やラケットなどを握っていた時につくことが多い「くせ」です


また前腕でも手首側には、もう1つつきやすい「くせ」があります

それがこちら↓

掌屈

手の甲が上を向いた状態です

肘や姿勢が悪い方に多い手首の状態です

手の甲を上にしてする作業(洗濯物をたたむなど)でつくことが多い「くせ」です


これらの「くせ」「ゆがみ」のパターンや度合い、角度は単体だったり組みあわさっていたり…と、その方の日常生活での腕の使い方によって違います

また特に女性は

・家事(包丁を持つ、鍋を握る、掃除をする時にぞうきんを絞る、洗濯物をたたむ、買い物へ行って重たいものを持つ)などの細かい作業が多い

・男性と比べて筋力が弱い

こともあり前腕への「くせ」「ゆがみ」がつきやすいです


そして前腕は全身のあらゆるところと関わりあっているので、これらの「くせ」や「ゆがみ」からつらい痛みや不調、症状になっていることが本当に多いです


ご来院くださったお客様へは、これらの前腕の状態をお伝えしているのですが多くの方が

「これって当たり前のことじゃないんですか?」

「痛くないから気にしたことなかった」

とお話しされます


ですが施術で前腕のゆがみも整うと多くの方が

「気になっていた○○が楽になりました」

とお話しくださいます


あなたの腕は大丈夫ですか?

あお向けでお布団やベッドに横になった直後の腕の状態が上画像のようになっていませんか??


「腕は痛くないけど、いくら通院してもつらい痛みや不調、症状がよくならない」

のであれば、根本原因は前腕のゆがみにあるかも知れませんよ


思い当たる節があるあなたは、ご予約くださいね


メールでのご予約はこちら (24時間受付)

■ お電話でのご予約・お問い合わせ
080-8070-3078

■ 受付時間
10:00 ~ 19:00
(定休日:水曜日、他不定休あり 完全予約制)

■ 最寄駅
JR常磐線 南柏駅 東口から徒歩8分

■ 住所
千葉県柏市今谷上町
※自宅サロンのため、番地などの詳細は、ご予約時にお伝えしています。

■施術可能な症状一覧

■「お客様の声」

メールでのお問い合わせはこちら (24時間受付)

ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。
関連記事
2021-10-07

Comments







非公開コメント